So-net無料ブログ作成
検索選択


楽しく飲んで、翌朝スッキリ【スパリブ】

「クライシス 公安特捜班」6話 [エンタメ]

死亡したと思われていた
11年前の地下鉄爆破テロ実行犯がコンビニ強盗の
防犯カメラに浮上。

「クライシス 公安特捜班」6話では
そのテロ実行犯をつかまえることになった。

「靴の中に入り込んだ小石」

「取り出して見たら、ダイヤモンドだったりしてな」

このドラマは、常に、街で起きている事件の裏に
公安や警察の上層部の関与がある。

今回も、その小石=ダイヤモンドである里見は
その上層部が作った狂犬だった。

テロ犯と目されていた里見は
実は、特捜班と同じ立場の人間だった。

そればかりか、当時、教団のテロを事前に伝えていたし
その情報で教団は壊滅して潜入捜査も解除となるはずだったのに
実行犯役として閉じ込められ逃げられなかったのだ。

実行しなければ殺されることになるため
実行して逃げる羽目になった、と。

公安は事前に知っていたのに動かず
里見は見捨てられたのだ。

これは、その前の週に稲見が潜伏しながら
見殺しにされかけたのと同じやり口だ。

死んでいたら、ヤクザの死として
処理されていたことになる・・・。

組織にとって、個人の人生など
ヤクザであれテロ犯であれ公安特捜班の人間であれ
ただのコマに過ぎない。

確かに、経歴を消して潜入した後
その人間の本当の身分は消した側が復帰の手続きをしなければ
犯罪者になってしまうのだ。

「本当の人生に帰りたいと思う大切な何か」

どれがないと、人の人生なんて
いつか、何かのきっかけで、どこまでも落ちてしまう。

このドラマは、むやみに人は殺さないし
簡単な犯人逮捕もしない。

鍋島という男が、公安当局によって里見となり
テロ犯にまでなってしまった事情を推理していく。

巨悪に対峙する捜査官のスリルと格闘戦の面白さも
さることながら、何より、犯人とされる人間の生き様が
己の人生の根幹にも触れる何かを見せてくれる。

「里見はあいつらに必要な通過儀礼」

自分はいつも誰かのコマなんだと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンバリ.TV [遊び・アート]

ジャンバリ.TVの動画には唖然とした。

これって、遊び?アート?
なんか炎上商法っぽいよね。

スマップのこれまでの騒ぎを全部もらって
全く無名の俳優(?)使って、話題を攫うって

ある意味、やり方汚いけど、やったもん勝ち。

企業イメージとか関係ないんだろうね。

まあ、三協エージェンシーってパチンコの会社だし。

誰にしても一番思い出したくないことなのに
今頃こんなことやりだして、いい度胸というか。

スマップに謝罪会見をさせたジャニーズ事務所の
やり方をこんな形で思い出させるとは。

でも、これって、あのジャン・バルジャンから
きてるってことないかな?

「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・バルジャンが
若い時に罪を犯すも、頑張って大成する話だ。

レ・ミゼラブルは、昔は「ああ無情」という題だったよね。

スマップのあの公開処刑も「ああ無情」な感じだったし・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あの半島部分は両勢力の緩衝地帯 [政治]

日本の元天皇誕生日に北朝鮮が打ち上げられたものの
失敗したミサイル。

お打ち上げ場所と落ちた場所から方角を図ると
狙っていたのは、ロシアだったようだ。

同じ日に、フランス軍の艦艇が長崎に入港していた。

そこにアメリカ、イギリス、日本の部隊が乗り込み
訓練をしつつグアムに向かうと言う。

このフランス艦艇「ミストラル」が出港するのは
連休終わりの5月5日。

4カ国共同訓練は初めてだと言う。

北朝鮮のミサイル発射の失敗も、この配備も
じわじわと有事になる緊張を高めている。

が、実は、北なんて問題じゃなくて
中国やロシアに向けての牽制なんじゃないだろうか?

だって、北をやろうと思えばいつだって
爆撃できるはずだ。

なぜやらない?

結局、北朝鮮(そして韓国)をここまで
のさばらせておいたのは

ロシアと中国は難民が怖いからだし

対米英仏軍は、それだと
あからさまに対立になってしまうからだと思う。

結局、あの半島部分は両勢力の緩衝地帯として
必要悪だったことになる。

金正恩は張子の虎だと、誰もが思っていたものの
実際のところはどう出るかわからない。

意外と、後ろにイギリスあたりがいるのか・・・
と思ってみたりする。

厄介な隣人を持つ日本には迷惑な話だが
世界地図がこの数週間で、塗り替えられるなんてことが
あるのだろうか・・・?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ページ上に戻る