So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

外国事情 ブログトップ
前の3件 | -

木村拓哉レッドカーペットでお郷が知れる [外国事情]

元スマップの木村拓哉がカンヌ映画祭で
レッドカーペット歩いたそうだ。

三池崇史監督の「無限の住人」が
アウト・オブ・コンペティション部門に
選出されたからなのだが

ひどいチョンボをしてくれた。

レッドカーペットは、世界中の人が注目する場所。

そこに選ばれた最も著名なスターだけが歩けるのだが
そこでは女性をエスコートするのは暗黙の了解だ。

しかし、木村拓哉は1人ポケットに手を突っ込んで
勝手に階段を上っていってしまったらしい。

しかも、監督も着物姿の女優をエスコートせず
世界中に日本の「男尊女卑健在」を印象付けてしまった。

キムタクが日本でどんなに叩かれようと
映画がコケようと、こういう国際舞台でカッコいいなら
それだけで自ずと株があがるものだ。

しかし、このレッドカーペットでの出来事で
彼の残念な出自や薄っぺらさ、本質が露呈してしまった。

キムタクがどんなに俳優として頑張っていても
こうした基本的なところができていないと
何も始まらないのだ。

その点、ミッチーこと及川光博は違う。

いつかちらっと見たが、映画「相棒」の顔見世で
レッドカーペットを降りる時
仲間由紀恵に腕を差し伸べていた。

それがまた、わざとらしくなく自然で
感心したものだ。

日本でこういうことをやるとキザと思われるが
普通にやれるのが、スターの器だろう。

いくら映画の中では無骨なサムライを演じようと
プレス発表の時には女性をエスコート。

それができない人間が、カンヌ行って拍手受けたって
やっぱり、田舎者ということになる。

木村拓哉にはどうもそういう本当のスター感が
欠落している。

「俺様な人となり」が丸見えじゃないか。

それで、思ったんだが、かつて「世界のミフネ」と
言われた三船敏郎はどうだったんだろう?

少なくとも、着物姿の女優に腕は貸さないまでも
歩調ぐらいは合わせたんじゃないだろうか?

キムタクみたいに1人でスタスタ階段登って行くって
御里が知れる。

自分で自分を格下げてて、頭悪いなと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

北朝鮮が 弾道ミサイル1発を発射 [外国事情]

連休に入った1日目に北朝鮮が
弾道ミサイル1発を発射したらしい。

幸い、失敗した。

数分間飛行して北朝鮮内に落下したとか
空中で爆発したとか言われている。

朝鮮半島近海に米原子力空母カールビンソンなど
空母打撃群が入ったことから
米国の圧力には屈しないぞ、と言いたかったのか。

なんか、笑っちゃいけないけど、しょぼいな。

ところで、ドナルド・トランプ米大統領が
高度防衛ミサイル(THAAD)の配備費用として
韓国に10億ドル(約1100億円)を支払うべきとした。

が、韓国政府は支払わない、と断ったとか。

そんなこと、事前に取り決めておかなかったのか
決まってたから送ったのに支払わなかったのか。

そこらへんの事情がよくわからないが
トランプ大統領がTHAADの購買を
韓国に強要したのかもしれない。

だとしたら、どっちもどっちだ。

自国に北がミサイルを打ち込もうとしている時に
助っ人が来て、その費用を払え払わないと
もめてるなんて。

それにしても、こういう場合、日本だったら
それを飲んで支払ってきたんだろうな・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャーナリスト達を人質に [外国事情]

「マンセー(万歳)!!」

絶叫する北の人たちを見ながら
何もなかった、と胸をなでおろす。

昨日は、北朝鮮では故金日成主席の
生誕105周年を祝う日だった。

米国のトランプに圧力強化を受けた屈辱にキレて
この日に軍事パフォーマンスでもするかと思ったが
「刈り上げ」もそこまで馬鹿ではなかった。

そのわかり
新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見せびらかし
核戦力増強と経済建設の「並進路線」のスローガンを発表。

核とミサイル開発の放棄を求める
米国には屈しない態度だ。

式典に出席した陸軍大尉も、トランプ政権について
「われわれはこれまで米国の制裁を受けても生きてきた。
制裁を(強化)したいならすればいい」と対抗心むき出し。

アメリカではそれこそ、この日に北を黙らせる
軍事攻撃も準備していたかもしれない。

しかし、北朝鮮が、この式典に向けて
1週間前から世界中のジャーナリストを招待した。

その数100人以上。

ジャーナリスト達を人質に、国家の面目を保ち
世界にその力を見せつけてやったわけだ。

ジャーナリスト達に自国の「繁栄」する様子を
宣伝する記事を書かせる。

何かあった時は、彼らを拉致して縦にするつもりで。

これほどの数のジャーナリストを
アメリカも見殺しにはできない。

刈り上げも、なかなか頭が働くものだ。

しかし、いつまでもこの体制が続くとは思えない。

近いうちに、アメリカは動かないではいないだろう。

そうなると、南も巻き込まれるし
その時、報復されるのは日本になる。

アメリカには慎重に事を運んで欲しいが
表立って外交筋が韓国から日本人を引き揚げろと
言わないのは、火に油を注がないためだと思う。

この時期に韓国にいる日本人は
早めに帰国しないと。

有事になってからでは遅い。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
前の3件 | - 外国事情 ブログトップ
ページ上に戻る