So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

ジェンキンスの死 [政治]

チャールズ・ロバート・ジェンキンス氏が死亡した。

享年77歳。

アメリカ合衆国の軍人で、陸軍軍曹だったが
39年間北朝鮮に身柄を拘束されたのち
日本に亡命して13年、日本での永住権を得ていた。

妻の蘇我ひとみさんとは現地で結婚し
娘が二人いる。

ジェンキンスは、1965年、朝鮮半島軍事境界線に
駐屯していたが、偵察任務中に北朝鮮軍に投降した。

わざわざ国境を渡り相手側に投降した理由は
米国の軍隊での軍務に不満を感じていたからだ。

「ソビエト連邦経由の捕虜交換など
早期に帰国することは難しくないと考えていた」

新しい世界で物事が動くと感じたのだろうか?

しかし、北朝鮮では政治亡命者として扱われ
政治的プロパガンダに利用されてしまう。

1980年、政府の紹介で
日本人拉致被害者の1人と結婚。

二人とも北朝鮮のためのコマだった。

彼の存在が内外に知れることになったのは
1982年、国策映画に出演したことから。

アメリカ政府はこの事実を知りながらも認めず
1996年まで「ジェンキンス軍曹の動向は不明」が
公式見解だった。

彼のことはアメリカではトップシークレットだった。

2002年、日朝首脳会談でことが動く。

日本人拉致被害者の存在を北朝鮮政府が公に認めたのだ。

そこから、拉致被害者の夫として
ジェンキンスの消息も明らかとなるが
妻の曽我ひとみさんだけが、日本に帰国した。

たしかに、アメリカから見れば、逃亡兵だ。

ジェンキンスが娘とともに日本に帰国するのは、2004年。

実に39年の北朝鮮生活から、再び自由になったのだ。

一体どんな気持ちで戻ったのだろう?

日本に駐屯する合衆国軍で不名誉除隊処分を受け
模範囚として予定よりも5日間早く釈放された後は
妻の実家の佐渡島で、佐渡市の観光施設の職員となった。

なんとドラマチックなジェンキンスの人生。

死因は致死性不整脈)だった。

安らかに死ねたのだろうか?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

トランプ夕食会に米原涼子 [政治]

香取慎吾のカトルド・トランプがSP谷原章介を従えて
浅草参りしてたホンネテレビ。

実際のトランプが訪日中に、よくやるよ、と
藤田社長の度胸とアイディアには感心した。

日本のエンターティメントもここまでやれれば本物だ。

さて、本物の米大統領ドナルド・トランプを
招いた夕食会が元赤坂の迎賓館で開かれた。

主催は安倍首相夫妻。

出席者は麻生財務相や河野外相
トヨタ自動車の豊田章男社長ら76人。

歌手のピコ太郎やプロゴルファーの青木功も顔をそろえた。

中でも一際目を引いたのは、女優の米倉涼子だ。

背中が開いたドレスで登場したが
米倉の参加はトランプ氏の“ご指名”だったとか。

米倉は夏に5年ぶりに米ブロードウェーミュージカルの
『シカゴ』にカムバックしたため米国でも有名なのだ。

メラニア夫人もモデル出身だし
あの感じ、トランプ氏のタイプなんだろうね。

芸者対応じゃない米原涼子が
日本女性の代表とは、なんだか頼もしい。

なにしろ、「失敗しないので」。

PS:安倍さん、肉食に耐えて頑張ったね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

あの半島部分は両勢力の緩衝地帯 [政治]

日本の元天皇誕生日に北朝鮮が打ち上げられたものの
失敗したミサイル。

お打ち上げ場所と落ちた場所から方角を図ると
狙っていたのは、ロシアだったようだ。

同じ日に、フランス軍の艦艇が長崎に入港していた。

そこにアメリカ、イギリス、日本の部隊が乗り込み
訓練をしつつグアムに向かうと言う。

このフランス艦艇「ミストラル」が出港するのは
連休終わりの5月5日。

4カ国共同訓練は初めてだと言う。

北朝鮮のミサイル発射の失敗も、この配備も
じわじわと有事になる緊張を高めている。

が、実は、北なんて問題じゃなくて
中国やロシアに向けての牽制なんじゃないだろうか?

だって、北をやろうと思えばいつだって
爆撃できるはずだ。

なぜやらない?

結局、北朝鮮(そして韓国)をここまで
のさばらせておいたのは

ロシアと中国は難民が怖いからだし

対米英仏軍は、それだと
あからさまに対立になってしまうからだと思う。

結局、あの半島部分は両勢力の緩衝地帯として
必要悪だったことになる。

金正恩は張子の虎だと、誰もが思っていたものの
実際のところはどう出るかわからない。

意外と、後ろにイギリスあたりがいるのか・・・
と思ってみたりする。

厄介な隣人を持つ日本には迷惑な話だが
世界地図がこの数週間で、塗り替えられるなんてことが
あるのだろうか・・・?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ページ上に戻る