So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

スポーツ ブログトップ
前の3件 | -

羽生結弦はレベルの違う皇帝 [スポーツ]

平昌オリンピックでの男子フィギュアで
羽生結弦が66年ぶりの金メダル連覇。

しかも、冬季オリンピック1000個目の金だという。

それをメデイアは掻き立てるが
彼がどれほどの絶望的な状況と苦悩の中
あそこにたどり着いたのか・・・。

2ヶ月ものブランクの後、痛み止めを飲みながら
たった2週間前に再びジャンプを跳んだかを知った。

通常、ダンサーなど身体表現者は
1日休んだら取り戻すのに1週間かかるという。

それが、大切な右足首の複雑な痛みのために
氷上に立つこともできない2ヶ月があり
そこからの、あの姿だ。

見かけはお公家さんのようななよやかだが
どれだけのガッツと精神力を持った男なんだ。

彼のあのパフォーマンスは
世界中の人に感動を与えずにはいられない。

絶対王者、と言われるのにふさわしい男だ。

本人も言っていたが、あの怪我がなければ
今日のこの栄光にたどり着けなかった。

それをよくわかっている聡明な受け答えは
人間としてレベルの違う皇帝さながら。

彼のような人間が、世界を変えていくんだと思った。

日本政府は、彼の存在に大きく感謝しているはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

日馬富士引退 違和感 [スポーツ]

日馬富士暴力騒動に関する
マスコミ報道の偏重が甚だしい。

貴ノ岩の態度が悪かったからしつけのために殴った。

それは「横綱」という神聖なものを
汚す行為だったから潔く横綱をやめた。

そんなことが延々語られた。

ついでに、貴乃花親方の「頑固さ」ばかりをクローズアップ。

しかし、貴乃花親方は被害者側。
隠蔽主義の相撲協会の事情聴取に応じないのはもっともだ。

彼は、繰り返し主張している。

「この一件は、もはや関取同士の内輪もめという範疇を
超えているから、警察に届けを出し、その捜査を優先する」

正論だと思う。

しかし、理事会では、巡業部長である貴乃花親方を
冬巡業から外すことが決定されたという。

これって、親方への「処分」ではないということだが
まるでいじめに見えてしまう。

「悪者の貴ノ岩のせいで、後輩思いの熱血漢
日馬富士が引退に追いやられた」という雰囲気づくり。

まるで、加害者と被害者が逆転している。

相撲協会や横綱に媚びへつらう道徳などいらない。

言ってみれば、他社の若い者の躾がなってないと
怪我をさせた日馬富士は、本当なら傷害事件だ。

相手の会社に訴えられて当然だろう。

暴力を振るったのは悪かったが・・・
いや、だから、そのまま警察で取り調べを受けろ、って話。

暴力振るった方が、美談よろしく引退会見
被害者への謝罪もなしって、これは違和感そのものだ。

ましてや被害者の親と同じ親方を糾弾して
巡業部長の役を下ろさせようとする。

横綱の品格の前に
人間としての人格はどうなのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

本田圭佑4人抜き [スポーツ]

本田圭佑は、いまメキシコのパチューカに所属している。

8日に行われた国内カップ戦の準々決勝ティファナ戦に
出場し、公式戦6得点目のゴールを奪った。

本田のプレーに世界のメディアから
惜しみない賛辞が寄せられている。

『マルカ』紙メキシコ版は
本田のゴールを称えて「まるでメッシのよう」

在米スペイン語放送局『ユニビジョン』の
ウェブサイトでもべた褒め。

「本田圭佑がマラドーナをまとって
ティファナのディフェンスを全員置き去りにし
ギブラン・ラフー(GK)の飛び出す前で3-0とした」

これは、アルゼンチンの英雄マラドーナの“5人抜き”
を彷彿とさせる、と絶賛したもの。

メキシコの大手メディア『エル・ソル』では
「ケイスケ・ホンダはコートの真ん中でこぼれ球を拾い
アウェイチームのゴールに向かって
クラックのように6人の相手を飛び越えていった」。

クラックというのは、相手を凍りつかせる
スーパープレーヤーのこと。

本田がいかに神がかっていたかがわかる。

メッシ、マラドーナの他にもペレなどは
「◯人抜き」の走りでゴールを決めたスーパースター達。

本田はそれに匹敵すると賞賛が止まない。

イタリアから出て「都落ち」の感がないでもないが
メキシコの方が肌にあっていたか、本田圭佑。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | - スポーツ ブログトップ
ページ上に戻る