So-net無料ブログ作成


CHANGE UP!

ブルゾンちえみ おっぱい揺れ [スポーツ]

去年の今頃は、日本中の誰も知らなかった子が
24時間テレビのチャリティーマラソンで走った。

今や誰もが知ってるブルゾンちえみ。

で、彼女が走ってる時に思ったことは

「おー頑張れ!」

というより・・・

「おっぱい揺れてる!」

胸の大きい女の子から聞いたんだけど
あれって、結構痛いんだってね。

しっかり固定しておかないと
胸が振れた衝撃で毛細血管が破れたり
なんとか靭帯が切れたりするらしい・・・。

多少の距離ならまだしも
昨夜から走ってるブルゾンは大丈夫なのか?

と、つい余計な心配をしてしまう。

でも、あのおっぱいの揺れもテレビの計算のうちとは
想像つくが。

それにしても、長距離を長時間走ったのに
あの涼しい顔を一体どういうことだろう?

普通、汗ダラダラだろうに?
謎だ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

イチゴの苗 [経済]

農産品も知的財産だ。

日本産のイチゴやマスカットが
韓国産となり、日本の市場を食い荒らしているという。

その損害220億・・・

イチゴの苗が日本から持ち出され
現地で栽培されているのだ。

これは、民主党時代の農業事業交流
農業研修を韓国から受け入れたのが失敗だった。

デコポンの二の舞だ。

日本が品種改良して作ったデコポンが
済州島の名物、ハルラボンに変身したことがあった。

アメリカのバイオ産業だと
種のDNA特許を取るのが普通。

畑に隣接して、自然と種が紛れ込んでも
賠償金をふっかけてくるくらいだ。

それに比べ、日本の農家はお人好しで
いくらでも騙される。

結局、研修生制度で時給数百円で働く
外国人が品種改良の研究者だったということか。

「おもてなし」はいいけど
工業から農業、全てパクられてたらたまらない。

早く手を打って農家を守らないと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

松山千春 粋な計らい [ヒーリング]

松山千春、グッジョブ!

飛行機に乗ったまま1時間以上も出発しなかったら
誰だってイライラする。

不可抗力の事態だが、千歳発の全日空機に
乗り合わせた松山千春が、粋な計らいをした。

あいつらしい独断で
「大空と大地の中で」のワンフレーズを歌った。

このいきなりライブに、乗り合わせていた人の
イライラも吹っ飛んだことだろう。

松山千春って、怖そうな顔して
お節介な、いいやつなんだよね。

CAのマイクで歌ったのは
さすがに初めてだっただろうけど。

>>松山千春さん、遅延の機内で熱唱


まだ髪がある頃の松山千春w
トップに、今回歌った歌が入っている。

他も、聞いてて切なくなる名曲ばかり。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
ページ上に戻る