So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

ボブ・ディラン受賞受け入れ [外国事情]

今年のノーベル文学賞の受賞者が発表された時には
文学者たちがかなり怒ってた。

選ばれたのが、文学とは縁もゆかりもない
ミュージシャン、ボブ・ディランさんだったからだ。

ノーベル賞側は、作詞家でもあるディランを
拡大解釈して賞を与えることにしたのだが

当の本人は、それに対して沈黙を通していた。

やはり自分はそんな賞は受けられないと
無言で主張していたのだろう・・・

ファンの間では、ディランの態度を
再び拡大解釈していたのだが・・・

2週間経って、ようやく本人から
受賞を受け入れる、と言い出したらしい。

一般的に見て、この態度
「だったら、最初から素直に受け入れろ」と
思いたくもなるよね。

「照れ屋さんってことで」と
ディランの心情を読み解く音楽評論家が言う。

「返事をするのに、2年かかったこともある人。
このタイミングというのは
案外早く許してあげたなという印象。
親切心だったのでは?」

ファンの気持ちはわかラナイでもないが

ステラ・マッカートニーと写ったツーショット
を投稿してるとか。
タキシードを彼女に頼んだかもしれないとか。

なんか、俗物だよな・・・。

それなら最初からちゃんと素直に言え。
もったいぶるんじゃねーよ!

俺なんかは、そう言いたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大麻はたばこよりも害がない [事件]

高樹沙耶と一緒に逮捕された森山繁成は
『大麻はたばこよりも害がない』が口癖だったという。

おそらく、この男が高樹沙耶に大麻を教え込んだのだ。

森山の妻が高樹沙耶との仲を疑ったことから
二人で石垣島に移ったらしい。

高樹沙耶は森山をパートナーと呼んでいて
議員立候補の裏にもこの男がいた。

大麻合法化の推進者だった彼は
見つかった大麻は「自分のもの」と言っている。

100回分の大麻、しかも幻覚作用の強い花の部分が多く
10本の使用の跡のあるパイプもあった。

押収された大麻は
室内栽培されたもので高価なものらしい。

彼らの共同生活といい、収入源が謎過ぎる。

森山は、大麻栽培の許可があるとか
政界にパイプがあるとか言って威圧的だったとか。

何やってたんだろうね・・・

少し前にテレビに映った時
パイプをプカプカやってたが、大麻吸ってたのだろうか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

複数の男性と同居 [セックス]

逮捕された高樹沙耶について
オリラジの中田敦彦が語っている。

7年前に千葉の自宅にロケ取材した経験が
あり、そのときから怪しい生活ったと指摘した。

「部屋の中とかも麻関連のものが多くて。
それは麻が好きというよりは
何かをカモフラージュしているようにも見えた」

その時、高樹沙耶が同居していたのは
また違う男だったらしい。

複数の男性との同居について
「複数の男性と同居しているって普通じゃない状況。
フリーなナチュラル派な暮らしとは全く思わない。
そのカルチャーを隠れ蓑にした怪しい生活にしか見えない」

離婚した後にハワイに行っておかしくなったようだ。

「常に場所を変えて、男性を変えて
同じような生活をしていた」

ピッピースタイルに目覚めたのだろう。

あっち側に行っちゃうと
もう、普通には戻れなくなるからね。

スピリチュアリストの江原が言っているが
「危険変態」なのだろうか、高樹は?

女優生活を捨て生きていく上では
そうせざるを得なくなってしまったのだろうか?

複数の男性と同居、大麻を吸う・・・
どうしてもセックスと結びつけて考えてしまう。

たぶん違うと思うが、なんだか
あの「アナタハンの女王」を思い出す。

それからヒントを得てできたのが「東京島」だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京島 [ 木村多江 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ページ上に戻る