So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

頭痛を「予防」 [ヒーリング]

パソコン仕事をしていると
頭が重たい感じになってしまう。

この重たい感じをなんとかするには
鎮痛剤とか飲んでやり過ごす。

それは対処法でしかないのだが
頭痛はどうにもならないし、我慢するしかない。

・・・と思っていたのだが
頭痛を「予防」できるとしたら?

頭を抱えるほどの頭痛でも
このサプリを飲めば改善されるという。

東証一部上場企業が開発してくれたのが
これ。

>>ずきしらずの実

ハーブで出来た健康食品だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2年間も少女を監禁

中学生の少女を2年間も監禁していた
男の初公判があった。

男の名前は、寺内樺風被告24歳、大学生だ。

「中学生の頃から、女の子を誘拐したいという願望があった」

異常な願望を実行に移したわけだが
なぜ、そんな願望に捉われるようになったのか。

本人には「監視していた意識ない」というから
手に負えない。

しかし偽造ナンバープレートを車に取り付け
全く別の街で下見を繰り返していた。

しかも、誘拐直後、こんな作り話をしている。

「両親は借金があり
あなたの臓器を売ろうと考えている。
そこで、私が保護する」

中一の少女なら、これだけで逃げ出せなくなる。

また、寺内被告は少女の洗脳を試みていたらしい。

「君は家族から見放されている。
帰るところはない」

と繰り返し言い聞かせ、薬物を飲ませてもいたのだ。

ある時少女は、パソコンで自分を探している
両親の記事を読み、大丈夫だと思って
抜け出すことにしたのだ。


そして、2016年3月、寺内被告のもとから逃げ出す。

少女は被告に対し
「一生刑務所から出てこられない無期懲役に」と
言っている。

しかし弁護士が、当然ながら彼の精神状態を理由に
それを逃れようとする。

「被告は事件当時、統合失調症だった可能性が高い」

2年間も赤の他人の少女を監禁しておいて
精神鑑定させて刑を逃れようなんて
なんだかうんざりする。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

同時発売の二つのオチが違う [エンタメ]

こち亀、終了。

「あなたは休まず40年間勤めあげました。
その努力を認め表彰します」

「自由だからどこでもいきなさい」

と部長に言われ

「なんかわかんないけど・・・感動した」

と涙ながらに両津が去ってから
「こち亀40周年達成パーティ」が始まるwww

そこにケータイ忘れた両津が戻ってきて・・・。

と、こち亀、最後まで笑わしてくれた。

それにしても、作者の秋元治氏
23歳から63歳まで40年間、よく描き続けたものだ。

「40周年だよ全員集合の巻」は
30周年と同じ「こち亀復活キャラベスト10」。

同時発売の二つのオチが違うのは
「両方買ってもらういやらしい商法です」www

暑苦しいんだが憎めない両津。

日本橋高島屋で「こち亀展」が開催中らしい。

40年間の借金総額が1,663兆円って
一体なんなんだ?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ページ上に戻る