So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

億万長者になるのも夢ではない [経済]

同じく元女優、同じく60歳でビジネスに才覚あり。

現在、ぶっ壊れ中の松居一代よりも
こちらの方がよっぽどすごい。

女優の東てる美が、実は
今後の未来を築くセキュリティシステム会社の役員なのだ。

彼女が取締役を務めている会社は、「ELSYS JAPAN」。

ロシアの政府系企業ELSYS社の技術を基に立ち上げた
日本法人で、政府関係を顧客にしている。

20年ほど前にゴルフコンペで知り合った社長から
2年前に声がかかり、会社の立ち上げに賛同して出資。

資本金999万円のうち約100万円を出したのだ。

ロシアで画期的な防犯システムが開発され
実用化された。

それを元に作られた商品が「ディフェンダーX」。

カメラの映像に映った人物をコンピューターが解析し
不審な人物だと判断すると、自動で知らせてくれるもの。

罪を犯そうとしている時に出る
微弱な身体の振動を検知するなんて、まるでSF世界。

しかし、これは、ロシア軍が集めた膨大なデータで
解析し不審者を割り出すという。

14年のソチ五輪で入場ゲートに設置された。

システムが反応した人物のうち
92%が実際に危険物を持っていたりチケットがなかったという。

残りの8%はかわいそうに別の理由だったようだが
的中率としてはすごい。

警視庁や警備会社、大手メーカーなど約80社と取引し
国内販売価格は1セット250万から300万円だ。

ELSYS JAPANは海外とも独占契約を結んでいて
8カ国で合わせて約1000セット販売中。

こんな将来有望な会社の取締役である東てるみは
いきなりチャンスを掴んだのではなかった。

女優をしながら、数々の副業を経験してきたという。

マンガの古本屋、写真のスピードプリントの店
高級ペットフード輸入……。

どれもそれなりに儲かったが
ブームがさって下火になっている。

30年近くかかって今のビジネスに辿り着いたのだ。

「もし、株式を上場してお金が余るようになったら
寄付や、事業に投資したりして社会貢献したい」

ドラマのオファーも断って、このビジネスにかけているという。

会社は、数年後に売上高1000億円を目指しているらしい。

ハフィントン・パフェットのような
億万長者になるのも夢ではない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ページ上に戻る