So-net無料ブログ作成


はくだけで男を鍛えるボクサーブリーフ

前の3件 | -

ジェンキンスの死 [政治]

チャールズ・ロバート・ジェンキンス氏が死亡した。

享年77歳。

アメリカ合衆国の軍人で、陸軍軍曹だったが
39年間北朝鮮に身柄を拘束されたのち
日本に亡命して13年、日本での永住権を得ていた。

妻の蘇我ひとみさんとは現地で結婚し
娘が二人いる。

ジェンキンスは、1965年、朝鮮半島軍事境界線に
駐屯していたが、偵察任務中に北朝鮮軍に投降した。

わざわざ国境を渡り相手側に投降した理由は
米国の軍隊での軍務に不満を感じていたからだ。

「ソビエト連邦経由の捕虜交換など
早期に帰国することは難しくないと考えていた」

新しい世界で物事が動くと感じたのだろうか?

しかし、北朝鮮では政治亡命者として扱われ
政治的プロパガンダに利用されてしまう。

1980年、政府の紹介で
日本人拉致被害者の1人と結婚。

二人とも北朝鮮のためのコマだった。

彼の存在が内外に知れることになったのは
1982年、国策映画に出演したことから。

アメリカ政府はこの事実を知りながらも認めず
1996年まで「ジェンキンス軍曹の動向は不明」が
公式見解だった。

彼のことはアメリカではトップシークレットだった。

2002年、日朝首脳会談でことが動く。

日本人拉致被害者の存在を北朝鮮政府が公に認めたのだ。

そこから、拉致被害者の夫として
ジェンキンスの消息も明らかとなるが
妻の曽我ひとみさんだけが、日本に帰国した。

たしかに、アメリカから見れば、逃亡兵だ。

ジェンキンスが娘とともに日本に帰国するのは、2004年。

実に39年の北朝鮮生活から、再び自由になったのだ。

一体どんな気持ちで戻ったのだろう?

日本に駐屯する合衆国軍で不名誉除隊処分を受け
模範囚として予定よりも5日間早く釈放された後は
妻の実家の佐渡島で、佐渡市の観光施設の職員となった。

なんとドラマチックなジェンキンスの人生。

死因は致死性不整脈)だった。

安らかに死ねたのだろうか?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

ドクターX 9話 骨片をネジに [エンタメ]

「ドクターX 9話」のビデオをようやく見た。

今回の患者であるバレリーナは
「国民的美少女コンテスト」グランプリだそうだ。

うーん、14歳の少女にはあまり興味ないしな・・・。

初めての演技だから棒は仕方ないとして
どこがいいのか全くわからない。

同じことは、蛭間院長の秘書にも言える。

ミスなんとかって触れ込みだけど
全然魅力的じゃないんだよね。

足だけ長くてカマキリみたいだし。

それより、未知子と博美の銭湯シーンの方がいい。

とにかく、ドクターXもあと1回、大詰めだ。

今回のゲストでは大友康平がバレリーナ少女の
祖父役・九重節朗でいい味出してたね。

今回は9話だから「九重」だw

スポーツマンに多いという足の痛みは
舟状骨骨折によるもので、2回手術が必要だった。

それを、大門が画期的なアイディアを披露する。

患者自身の骨を切り出し、それをその場で
ネジに仕上げ、骨折部分に埋め込む、というものだ。

この術式で、手術は1回で済み、自分の骨だから
問題もなく費用はゼロとなる。

海老名、鳥井、猪俣の3タカシも
「さすが大門」と圧倒される。

が、問題は、その場を骨片をネジにするための
機械と職人が必要なことだ。

そこは抜かりなく、そういう技術を持つ
先端事業に連絡を取り、協力の了解を得た、と森本。

この頃、東帝大病院では、大門の実力に
皆が感服し、反対する人間はいなくなったようだ。

しかし、日本医師クラブ会長・内神田は違う。

「組織に従わないと言いながら
組織を利用し従えている」

業界トップに君臨する内神田は
大門の横紙破りが気に入らないのだ。

先週、自分の息子とわかった西山が未知子に
心酔していることも腹立たしく思っている。

内神田は、喉頭がんで余命あと半年という
診断書を受け取っても、それは変わらず
未知子と神原名医紹介所を潰す意思を固める。

そのせいで、企業からの技術協力が無しになった。

未知子はふと、少女の手作りマスコットを
作った少女の祖父・九重ならもしや、と思いつく。

娘の将来を潰したと後悔している九重は
孫娘のために、骨片でネジを作る。

手術は成功、少女はコンクールには落ちるが
生涯踊り続けると宣言し、母と祖父も仲直り。

今回は、オペの助手を務めた森本と西山を除き
医師全員が忘年会で飲み会をする。

天下の東帝大病院の医師たちの飲み会が
あんな居酒屋とは、失笑ものだw

麻雀してた時に「ブルーライト横浜」が流れてたけど
設定、昭和なのかな、本当に?

きんちゃんこと原守が漢字で
3タカシ以下、医師たちは野郎ばっかで飲みまくり。

さすがにこの3人の酔っ払い演技は格を感じたw

段田やエンケンはもちろん、普段はくさい演技の陣内も
堂々の酔っ払い芝居、堪能したw

しかし、医者ってこんなにハメ外すもんなのか?

さて、最後に衝撃的な場面来た。

未知子が、大門が、倒れてしまうのだ。

目を見開き、指を痙攣させて。

これまで何の兆候もなかったが
いつもハードなオペをこなし
術後はガムシロ山ほど飲んで、食事は肉。

こんな毎日じゃ、健康でいられるわけないし。

いよいよドクターXを今期限りにするために
未知子が倒れたのか・・・?

米倉涼子はやりたくないって言ってたが
幾つになっても続けて欲しい。

こんなにスッキリするドラマはないからなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 

日馬富士引退 違和感 [スポーツ]

日馬富士暴力騒動に関する
マスコミ報道の偏重が甚だしい。

貴ノ岩の態度が悪かったからしつけのために殴った。

それは「横綱」という神聖なものを
汚す行為だったから潔く横綱をやめた。

そんなことが延々語られた。

ついでに、貴乃花親方の「頑固さ」ばかりをクローズアップ。

しかし、貴乃花親方は被害者側。
隠蔽主義の相撲協会の事情聴取に応じないのはもっともだ。

彼は、繰り返し主張している。

「この一件は、もはや関取同士の内輪もめという範疇を
超えているから、警察に届けを出し、その捜査を優先する」

正論だと思う。

しかし、理事会では、巡業部長である貴乃花親方を
冬巡業から外すことが決定されたという。

これって、親方への「処分」ではないということだが
まるでいじめに見えてしまう。

「悪者の貴ノ岩のせいで、後輩思いの熱血漢
日馬富士が引退に追いやられた」という雰囲気づくり。

まるで、加害者と被害者が逆転している。

相撲協会や横綱に媚びへつらう道徳などいらない。

言ってみれば、他社の若い者の躾がなってないと
怪我をさせた日馬富士は、本当なら傷害事件だ。

相手の会社に訴えられて当然だろう。

暴力を振るったのは悪かったが・・・
いや、だから、そのまま警察で取り調べを受けろ、って話。

暴力振るった方が、美談よろしく引退会見
被害者への謝罪もなしって、これは違和感そのものだ。

ましてや被害者の親と同じ親方を糾弾して
巡業部長の役を下ろさせようとする。

横綱の品格の前に
人間としての人格はどうなのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -
ページ上に戻る